結婚指輪の歴史

結婚指輪は、永遠の愛を誓う2人が結婚式で指輪交換をするもの。

マリッジシングという名前でも知られています。

結婚式になぜ指輪を交換するのか、その起源は古代ローマ時代にさかのぼります。

指輪は契約のあかし。

結婚という制度で、契約を行う際に必要だったといわれています。

結婚指輪の交換の際、必ず左手の薬指にはめますが、これは古代ギリシャで、左手の薬指は特別に心臓に直結していると信じられていたためです。

薬指はその名のように、傷や病を治す不思議な力があるとされていました。

太陽神アポロは左手の薬指を守護するとも言われ、結婚指輪は左手の薬指につけると、愛が強まり、二人の結婚生活も長く続くとされています。

歴史的には、ローマ皇帝ニコラウス一世が、世界で最初に結婚指輪をつけたといわれています。

以来、貴族や皇族を中心に、結婚指輪を身に着ける習慣が流行し、定着して文化として根付いたといわれています。

この時代は、花婿は鉄の指輪、花嫁は金の指輪を交換するのが一般的だったといいます。

指輪そのものは装飾品として古代エジプトで流行しました。

ギリシャ神話にはプロメテウスが最高神ゼウスの怒りを買い、鉄の指輪をはめさせられるというエピソードが出てきます。

鉄の指輪は罰則のしるしで、指輪には特別なパワーがあると信じられていました。

指輪は装飾品だけでなく、魔法を使う時の小道具にもなり、いくさへ出向く兵士には、武器にもなったといいます。